ホーム > ニュース > 新しい選択肢

新しい選択肢

民事再生という選択肢は住宅のローンも含む多重債務に悩む債務者をターゲットに、住んでいる家を維持しながら経済面でやり直すための法的な債務を整理する方法として2000年11月に利用できるようになった選択肢です。

 

民事再生には、破産のように免責不許可事由がなく競馬などで借金をしたような場合でもOKですし破産宣告が理由で業務が行えなくなる可能性がある資格で収入を得ているような方でも手続きは可能です。

 

破産手続きの場合は、住居を対象外にすることは許されませんし他の債務処理方法では圧縮した元金を返済していかなければなりませんので、住宅ローン等も支払いながら返済を続けるのは多くの人にとっては困難だと思われます。

 

しかし、民事再生による処理を選ぶことができれば住宅のローンを別とした負債は相当な金額を削減することができますのである程度余裕にマンション等のローンを払いながら債務を支払っていくようなこともできるということになります。

 

でも、民事再生という方法は任意整理または特定調停といった手続きと違って一部分の債務を除外扱いして手続きしていくことは許されていませんし、破産宣告の際のように負債が消滅するのではありません。

 

それに、他の方法に比べ手続きの手順が複雑で時間が必要ですので、住宅のためのローンがあり住んでいる家を維持する必要があるような状況等を除外して、破産など他の整理ができない際の限定された解決方法とみなした方がいいでしょう。

 


関連記事

  1. 成人してから体臭がきつくなり困っています

    私は子供の頃は体臭について悩む事はなかったのですが、成人してから急に体臭が強くな...

  2. 新しい選択肢

    民事再生という選択肢は住宅のローンも含む多重債務に悩む債務者をターゲットに、住ん...

  3. テスト

    テスト記事です。...